何をもって「永久脱毛」とするか

脱毛サロンなどで一般的によく脱毛するのがワキ脱毛です。
昔、ワキ脱毛のCMで「永久脱毛」というフレーズを耳にしたことがあります。

永久脱毛、と聞くと、「2度とむだ毛が生えて来ない」というイメージですが、それには費用と時間がかかります。

前述してきたように、毛周期などの関係で、1度に全てのむだ毛をなくす事はできません。何をもって「永久脱毛」とするかは、なかなか難しい問題ではあるのです。

医療機関で行えば確実、とも言われていますが、実はそうとばかりも言いきれません。

長期に渡る観察が必要ですし、実証できているかと言うとそうでもないのが実情です。

厳密に言えば脱毛は医療行為です。毛乳頭を破壊できるような出力の高いものは、医師の常駐している医療機関でしか扱えません。

脱毛サロンで使われているものは、それに比べるとかなり出力の低いものです。では、絶対に医療機関でなくては永久脱毛やそれに近い脱毛はできないのでしょうか?


脱毛サロン脱毛でも永久脱毛はできる

米国の脱毛協会では、「脱毛が終了して1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である事」を永久脱毛として位置づけています。

また、目安として「施術後半年経過しても毛が再生されない事」もひとつの指針として上げられています。

体毛には個人差があります。体毛が多く濃いめの人は医療機関で確実に脱毛した方がより効率的でしょう。

ですが、費用などを考えてみると脱毛サロンの方が良い、と考える方も多いと思います。

では、脱毛サロンでは「永久脱毛」は不可能なのかと言うと、決してそんな事はないと考えます。

実際に体験した方の声として、一度の施術で大部分が脱毛できた、生えてきたけど気にならない程度でしかない、といった事も多く聞かれるからです。

そのような事情を鑑みても、脱毛サロンの脱毛でも、「永久脱毛」は可能だと言っても良いのではないでしょうか。

私がおすすめしたいサイトは、ワキ脱毛効果調査隊です。